アルコールとソラナックスは一緒に摂取しない方がいい

アルコールがソラナックスの作用を強めるのはなぜ?

ソラナックスとお酒は一緒に飲んではいけないことは分かっているけど、なぜいけないか理由まで知っている人は少ないのではないでしょうか。

 

ここからは、ソラナックスとお酒の併用がなぜ問題なのか、どんなリスクがあるのかを説明します。

 

それぞれの作用が強すぎればリスクも大きくなるから

 

ソラナックスとお酒を一緒に飲むと、お互いの作用を強めてしまいます。ソラナックスには、中枢神経をおさえる作用がありますが、お酒にもまた中枢神経をおさえる作用があるのです。それぞれが同時に作用することで、効果が高まりすぎてしまうのです。

 

さらに長期にわたって服用すると、耐性がつき依存性が高まるリスクがあります。耐性とは、薬に身体が慣れてしまい効果が薄れてしまうことです。耐性がつくことで服用量は増すでしょう。また、依存性が高まれば薬がないと耐えられないといった状態になってしまいます。そうなると、アルコール依存症や薬物依存症になる確率もぐんと高まるでしょう。

 

ソラナックスとアルコールには、共通する特徴があります。それは、依存性と耐性形成があることです。そのため2つの薬を併用すれば、結果として依存症リスクが倍増することは間違いありません。さらに、それぞれの薬が血中濃度を高めれば、治療にも支障がでるでしょう。

 

日本で、アルコール依存性と診断された患者はおよそ80万人といわれています。ただし、予備軍となると440万人と一気に増加してしまうのです。この予備軍の仲間入りをしたくないのであれば、ソラナックスのような抗不安薬を服用しながらお酒を飲むのはやめましょう。

 

ソラナックスは依存症になるととても治療が難しいですが、アルコール依存症はもっと悲惨な状況になります。アルコール依存症は、ニコチンや覚せい剤の依存症より、治療が困難だといわれています。一度発症してしまうと、完治は不可能でしょう。食欲・睡眠欲がどうでも良くなるほど、アルコールへの執着はおさまらず、それが一生続いてしまうのです。

 

眠っている間に亡くなることもある

睡眠薬での死亡事故としてあまりにも有名なのが、ジミ・ヘンドリックスでしょう。
彼は天才ギタリストとして伝説とまでなった人物ですが、死因は睡眠薬とワインを併用したことによる窒息死といわれています。この事件は、世界中におおきな衝撃をあたえ、睡眠薬とアルコールを併用することは危険だという認識が広まりました。

 

当時の睡眠薬はいまのものよりずっと副作用も強く安全性も低いです。だからといって、いまの睡眠薬が安全だとはいえません。アルコールと併用することで、意識を失うこともあれば、眠っているあいだに呼吸が浅くなることもあります。倒れてケガをするかもしれませんし、頭を強打して亡くなる可能性だってあります。

 

依存症になれば治療は長期にわたるでしょうし、思いがけない事故で人生をおおきく変えてしまうかもしれません。それくらい、ソラナックスとアルコールを併用することは危険なのです。

 

お酒を飲むのが避けられないときはどうしたらいい?

お酒を飲んではいけないと分かっていても、会社での付き合いや冠婚葬祭などで、飲酒がさけられない状況もあるでしょう。

 

しかし、そんな状況は医者のせいにして乗り切ってしまうのもひとつの手です。「医者からアルコールを止められている」「今度お酒を飲んだら命の保証はしないと医者に言われている」など、お酒をうまく断っている患者さんもたくさんいるのです。

 

ドクターストップが理由であれば、それ以上無理に勧められないでしょう。「飲みニケーション」なんて言葉もある反面、「アルコールハラスメント」という言葉もあるのですから。

 

万が一、断りきれず飲酒してしまったなら、その日にかぎってはソラナックスや抗不安薬を服用しないという手段もあります。飲酒量によって異なりますがアルコールの持続時間は約10時間、ソラナックスは約14時間ですので以下を参考にしてください。

 

1.ソラナックスを服用したら、その日は飲酒をしない。
2.飲酒をしたら、半日はソラナックスを服用しない。

 

リスクを避けるために、この2点は必ず守りましょう。

 

ただし、病気の容態によってはこれらの方法も止められる可能性もあります。事前に問題がないか医師に相談することが重要です。

 

もちろん、ソラナックスを服用中ならお酒はやめなければいけません。しかし、どうしてもお酒をやめられないなら、抗酒剤といってお酒を飲めなくする薬を使用する方法もありますので、主治医に相談すると良いでしょう。