ソラナックスが妊娠中や授乳中に赤ちゃんに与える悪影響

ソラナックスは妊娠中・授乳中でも飲んでいい?

 

ソラナックスを飲んでいる女性のなかには

 

「気がつかないうちに妊娠していた」「妊娠中だけどソラナックスを飲んでもいいのか知りたい」という人もいるでしょう。

 

ここからは、ソラナックスを妊娠中や授乳中に飲んでも問題がないか、どんな影響があるのかを見ていきましょう。

 

妊娠中にソラナックスを飲むとどうなるの?

 

ロキスタンをはじめとする精神神経用剤を服用する女性のなかには、妊娠中に服用しても問題がないか気になる人もいるでしょう。こんなとき、医師に確認するのがいちばん安心ですが、ソラナックスのパッケージに添付された文書でも確認できます。

 

ソラナックスの添付文書を見ると

 

妊娠3か月以内の女性や、妊娠している可能性がある女性については、治療上のメリットがリスクを上回る場合に限って投与すること

 

という記載があります。

 

これを簡単にいうと、「妊婦さんは服用しないほうがいいが、どうしても治療しないと危険なら使用してもいい」となります。

 

このような医薬品は、妊娠中の女性が服用することで催奇形性のリスクがあると指摘されています。薬成分が胎盤を通して胎児に影響することがあるからです。また、授乳中であってもリスクはあります。授乳することで赤ちゃんに薬成分が作用すれば発育に影響するおそれがあります。つまり、妊娠中も授乳中もいずれも危険性があるのです。医薬品が胎児に与える影響については、アメリカ食品医薬品局が評価している分類基準がわかりやすいでしょう。

 

薬剤胎児危険度分類基準(アメリカ食品医薬品局(FDA)の評価)

 

A

CONTROLLED STUDIES SHOW NO RISK(ヒト対照試験で、危険性がみいだされない)

 

解説:しっかりと試験を行ったうえで、危険であるという証拠が出なかったもの。

B

NO EVIDENCE OF RISK IN HUMANS(人手の危険性の証拠はない)

 

解説:動物実験では危険性を示す証拠がないが、人の実験はしていないもの。

RISK CANNOT BE RULED OUT(危険性を否定することができない)

 

解説:動物実験では危険性を示す証拠があるが、人での実験ではしていないもの。

D

POSITIVE EVIDENCE OF RISK(危険性を示す確かな証拠がある)

 

解説:動物実験でも、人での実験でも、危険性が確認されているもの。

x

CONTRAINDECATED IN PREGNANCY(妊娠中は禁忌)

 

解説:胎児への危険性の決定的な証拠があり、服用が禁忌であるもの。

 

このようにアメリカの分類基準では、ソラナックスなどの向精神薬は、D分類とされます。妊娠中は禁忌とまではいかないが、危険であるという明確な根拠があるとされています。

 

この評価の根拠は、過去の調査結果によるものです。ソラナックスに類似した向精神薬を服用した患者の例では、みつくちという異常がでた新生児が多く生まれたり、傾眠や低体温になりやすいなどの報告があります。そのため、ソラナックスにも同様のリスクが出てもおかしくないと考えられています。

 

ただし、実際にソラナックスが胎児に与える影響は、専門家の意見が分かれています。絶対に影響があるとはいいきれないのです。

 

そうはいっても、ソラナックスを飲んだらこわいからと、いきなり服用を中止するのは危険です。突然、薬成分がなくなることで離脱症状をおこしイライラや不安に悩まされたり、最悪のケースではストレスで流産することも考えられます。単純に「やめればいい」わけではなく、難しい判断が求められます。

 

ソラナックスでなくても、同じような効果がある別の薬を試してみるという方法もあります。精神を落ち着かせる薬はソラナックスだけではありません。まずはリスクの少ない薬に切り替えができないか、検討することが大切です。もっともリスクが低い治療に切り替えるよう、医師と相談しながら治療方針を決めるといいでしょう。

 

どうしてもソラナックスがやめられない場合は、専門知識のある医師に相談しましょう。ソラナックスは絶対に禁止といわれる薬ではありませんが、服用を判断するのは医師でなければなりません。むやみに服用することだけは絶対にやめましょう。

 

 

授乳中のソラナックスのリスクを回避するには?

 

授乳中でもソラナックスを飲まないと困るという場合もあるでしょう。しかし、ソラナックスを飲んでいると、少量ではありますが母乳にソラナックスの薬成分が含まれてしまいます。少量といっても、体重の軽い赤ちゃんにしてみれば、大きな影響をおよぼしてしまいます。

 

なかでも睡眠への影響が問題視されています。授乳することで薬成分が赤ちゃんに作用すると、起きていて欲しい時間にも眠ってしまい、寝て欲しい時間に寝てくれないなどの問題がでてきます。このように睡眠リズムがくずれれば、赤ちゃんの成長が遅いなどの悪影響がでてしまうかもしれません。

 

このようなリスクを避けるには、「完全ミルク育児」をするといいでしょう。赤ちゃんが母乳を飲まなければ問題がないからです。薬を飲んでいなくても、完全ミルク育児をわざわざ選択している母親もいるほどですから、母乳を飲ませないことで不安になる必要はありません。心配しながら母乳をあたえるなら、ミルク育児をひとつの選択として考えてはどうでしょう。