ソラナックスを大量摂取するとどうなる? 致死量はどの位?

ソラナックスの大量摂取ってどのくらい危険なの?

ソラナックスのような医薬品には、依存性・耐性形成リスクがあります。耐性は、薬を長期間服用することにより、薬が効かなくなったり効きにくくなることをいいます。

 

薬の効果が足りなければ、薬を増やせばいいと考えてしまい、しだいに服用量が増えてしまいます。あまりに服用量が増えるとやはり「こんなにたくさん飲んでいて大丈夫?」と心配になってしまうかもしれません。

 

そこで、ここからはソラナックスを大量摂取することで、考えられるリスクを説明します。

 

ソラナックスを飲んで死亡するリスクはあるの?

 

ソラナックスの致死量はどのくらいでしょうか。致死量を判断するには、LD50(半数致死量)のデータが必要となります。LD50(半数致死量)とは、投与した動物の半数が死んでしまう薬の量のことです。

 

ソラナックスのLD50は、1220mg/kgです。これはネズミのデータであり、人間のデータはありません。そのため、人間の体重をもとに計算すると半数致死量は18万錠以上となります。

 

現実的に考えると、18万錠以上ものソラナックスを飲むことは不可能です。多少飲みすぎたからといって、死亡するケースはほとんどないでしょう。

 

ただし、これは半数致死量についての見解です。たとえば100錠ほどのソラナックスを服用したとして、絶対に死亡しないとはいいきれません。そんな珍しいケースに、自分が当てはまってしまうかもしれません。死亡する確率が低いからといって、大量摂取が危険であることには変わりません。絶対にやめましょう。

 

死亡とまではいかなくても、大量摂取にはリスクがいっぱい!

 

ソラナックスを大量摂取しても死亡リスクは低いということは、これまで説明したとおりです。

 

しかし、大量摂取することで、考えられるリスクはさまざまです。

 

事故にあい、後遺症が残る

 

ソラナックスを大量摂取すると、急激に眠気や脱力などの症状がおこります。運が悪ければ、倒れて頭部を打って大ケガをするかもしれません。また、運転中に意識障害をおこせば、コントロールを失って大事故につながるかもしれません。自動車事故になれば本人だけではなく、なんの関係もない人を巻きこむ事態にもなりかねません。

 

また、大量摂取によって脳への影響が強すぎた場合、何日も意識を失うこともあれば、意識混濁をおこすこともあります。さらに後遺症が残る可能性もあるのです。

 

依存性・耐性形成のリスクがいっきに増す

 

ソラナックスはただしく服用していても、依存性・耐性形成に注意しなければならない薬です。そのため、決められた用法・容量は絶対に守らなくてはなりません。そのような薬を大量摂取してしまうと、薬の作用もいっきに強まり、耐性形成も急激に進んでしまいます。

 

耐性形成が進むことによって、いままでの服用量では足りなくなります。そうして、どんどん服用量が増えていくと、いざ薬をやめようとしても、強い離脱症状によってやめることができなくなります。

 

うっかり大量摂取をしてしまったらどうすればいい?

 

 

ソラナックスを大量摂取してしまったら、意識があるかどうかによって対応が変わります。意識がはっきりしていれば、静かに横になって薬の作用がなくなるのを待ちましょう。無理に吐きだそうとすると、食道を傷つけて出血することがあるため危険です。

 

意識がもうろうとしていたり、呼吸が浅いといった様子が見られたら、すぐに救急車を呼びましょう。薬の血中濃度を薄めるため、胃洗浄などの対応が必要となるからです。

 

ソラナックスを大量摂取する原因の多くは自殺未遂です。むやみに大量摂取をさせないためには、本人だけでなく家族も「ソラナックスを大量摂取したくらいでは死亡しない」という知識をもつことが重要です。