ソラナックスとコーヒー・タバコの相性は?

ソラナックスを服用していたらコーヒーは飲めないの?タバコもだめ?


相性から考えると、ソラナックスとコーヒーは悪いといえます。なぜなら、コーヒーにはいっているカフェインがソラナックスの効果を台無しにしてしまうからです。

 

せっかくソラナックスを飲んでいるのに、その効果が薄まれば「服用量をふやせばいい」と安易に服用量を増やす原因になります。通常なら眠くなる量なのにさらに服用量を増やせば、離脱症状のリスクが高まり、ソラナックス離脱時の大きな障害となってしまいます。

 

>>ソラナックス【副作用・断薬時の離脱症状を避ける方法】

 

ソラナックスを飲んでいるのに効果がないと感じているなら、その原因は夜のカフェイン摂取かもしれません。実際に、カフェインが効きやすい体質の人がコーヒーを飲んで、ソラナックスが効かないケースもあります。そのような体質の人なら、コーヒーをやめるだけで不眠が解消する可能性もあります。そもそもソラナックスを服用する必要もなかったかもしれません。

 

このように、カフェインの影響を考えると、ソラナックス服用中はコーヒーをさけたほうがいいでしょう。しかし、「コーヒーを飲まないなんて考えられない」というほどコーヒーが好きなら、飲まないことでストレスとなる場合もあります。そんなときは、以下のように飲み方を工夫してみましょう。

 

コーヒを飲むなら午前中だけというルールを決める

 

カフェインの覚醒効果は、7〜15時間と比較的長めです。作用時間は人によって変わりますが、最低でも半日は影響が残ると考えれらます。

 

もし、就寝時間が0時なら、コーヒーを飲んでいいのは昼の12時までです。朝の1杯やお昼休憩でコーヒーを飲むのはいいですが、午後になったらきっぱり飲まないと決めましょう。

 

カフェインが先に効くようタイミングを利用する

 

カフェインが作用するまでの時間は、コーヒーを飲んでから30分ほど後になります。いっぽうソラナックスは服用後およそ15分〜1時間で眠気がきます。つまり、ソラナックスの効果が先にくるように服用すれば、カフェインの影響をうける前に眠ることができると推測できます。

 

ただし、このやりかたは失敗する可能性があります。もし、うまく寝つけなかった場合、後からカフェインが作用してしまうため、一晩中眠れないなんてこともあるかもしれません。リスクが高すぎるため、あまり選択してほしくない方法です。

 

コーヒー以外でカフェインを含む飲み物とは?

 

コーヒーにカフェインが含まれることは、多くの人が知っている事実ですね。しかし、「コーヒー以外でカフェインが含まれる飲み物はなに?」と聞かれたら、自信を持って答えられる人はそんなに多くないかもしれません。

 

  1. 緑茶
  2. コーラ
  3. 烏龍茶
  4. 紅茶

 

じつは、これらの飲み物には、カフェインが含まれているのです。もちろん、コーヒーに含まれる量よりは少ないですが、飲めばカフェインの覚醒作用がでることに変わりありません。なかでも注意したいのはコーラです。カフェイン含有量は多くありませんが、たくさん飲むことでカフェインを多く摂りこむことになってしまいます。カフェインのイメージがあまりない飲み物だけに、注意が必要です。

 

ソラナックスを服用していて、午後以降はコーヒーを飲まないようにしているなら、その他のカフェインを含む飲み物も飲まないようにしましょう。

 

タバコはやめるべき?やめられなかったらどうする?

ソラナックスを服用しているなら、タバコは吸わないほうがいいでしょう。タバコに含まれるニコチンには覚醒作用があり、ソラナックスの睡眠効果を邪魔する存在だからです。ソラナックスとニコチンを一緒に摂取することで、ソラナックスの効果を打ち消してしまうことが考えられます。

 

だからといって、タバコはすぐにやめられないでしょう。タバコの依存性は、コーヒーよりずっと強力です。ソラナックスを服用しているからといって、すぐにはやめられないはずです。

 

では、ソラナックスの効果を消さないためにはどうしたらいいでしょうか?それは、寝るまでの1時間はタバコを控えることで、ある程度は解決できます。ニコチンの覚醒作用がつづく時間は、コーヒーよりずっと短いため、その1時間だけは我慢すれば、ソラナックスの効果を打ち消すリスクは小さくなるでしょう。

 

そうはいっても、タバコが身体にいいことなんてありません。時間をかけてでも禁煙したほうがいいでしょう。ただし、ソラナックスとの飲み合わせが悪いかというと、そこまで危険視するものでもないのです。